【アジア大会】日本絶好調!470級男女、ラジアル、49er級は引き続き首位に

  • 28
  • Aug

 8月28日、インドネシア・ジャカルタで開催されているアジア大会セーリング競技。レイデイ明けの後半戦初日は、安定したシーブリーズが入る軽風コンディションとなりました。(BHM編集部)


中国のトップセーラー、ZHANG DONGSHUANGを抑えて走る土居愛実。「艇数の少ないレースは苦手ですが、メダルレースを想定しながら戦っています」とのこと。photo by Junichi Hirai

 だれもが走らせやすいライトウインドで、日本チームは健闘しています。中国とほぼ一騎打ちとなっているラジアル級の土居愛実は、後追い型ながらも着実に追い抜いて1-1位で総合1位を保守。

 また、470級の磯崎哲也/高柳 彬、吉田 愛/吉岡美帆も1-1位で金メダルに王手をかけます。成績だけを見ると余裕の走りのように見えますが、両クラスとも他国に先行されたなかから追い抜いていく展開です。日本チームは、スピードだけでなくコース戦略的にも良い流れを得ているようです。

 49er級の古谷信玄/八山慎司は、好調のオマーンにポイントを詰められましたが1位をキープしています。これで日本は4クラスが前日に引き続いて1位を守っています。

 さあ、日本の金メダル獲得が近づいてきました。明日は470級、レーザー級は2レース、49er、RS:Xは3レース予定。そして、最終日はすべてのクラスで1レースおこなわれる予定です。

 今回は決勝メダルレース形式は採用されない、旧来のシリーズレース形式のフォーマットです。つまり、明日のレースが終わった段階で、2位以下に艇数以上のポイント差をひろげたとすれば、その時点で優勝がほぼ確定します。

 アジア大会セーリング競技も大詰めです。みなさん、お楽しみに!


ハーバーはこの大会のために施設が用意されました。臨時で作ったさん橋は船の引波でグラングランに揺れて危険です。photo by Junichi Hirai


7カ国が出場する470女子のスタート。photo by Junichi Hirai


今月デンマークの世界選手権で金メダルを獲得した吉田/吉岡。地元インドネシアの人たちも知っているほどニュースが伝わっています。実力通り、成績はオール1位。photo by Junichi Hirai


ジャカルタの市街地から約10キロ。スモッグで視界は悪いものの、毎日午後から安定したシーブリーズが得られています。photo by Junichi Hirai


インドネシアの大型帆船が観戦していました。photo by Junichi Hirai


レーザー級はアジアの強豪国が出場しています。写真は総合4位の瀬川和正。photo by Junichi Hirai


470級男子の磯崎哲也/高柳 彬。photo by Junichi Hirai


470級女子の吉田 愛/吉岡美帆。photo by Junichi Hirai


レーザー4.7級は男女混合でおこなわれています。写真左の前田海陽は現在5位。photo by Junichi Hirai


レーザー4.7の抜井理紗。photo by Junichi Hirai


香港と競る富澤 慎(4位)。RS:X級もアジアは強豪が揃っています。photo by Junichi Hirai


RS:X級女子の小嶺恵美。photo by Junichi Hirai


49er級の古谷/八山、山田寛JSAFコーチ。photo by Junichi Hirai


日本のメディアから取材を受ける470男女。メダルを獲得した世界選手権の効果もあり、注目度が高くなっています。photo by Junichi Hirai


大会会場のインドネシア・ナショナル・セーリングセンター。あたらしい施設でタクシーの運転手に場所を説明してもわかりません。photo by Junichi Hirai

ジャカルタ第18回アジア大会 成績
49er 参加9艇 11R終了時
1. 古谷信玄/八山慎司 18.0p
2. OMA AL KENDI WALEED ISSA AL-HABASHI / AL HADI MUSAB MOHAMMED SULAIYAM 23.0p
3. KOR CHAE BONJIN / KIM DONGWOK 25.5p

Laser 4.7 Open 参加23艇 9R終了時
1. MAS KAMAN SHAH MUHAMMAD FAUZI 15.0p
2. CHN WANG JIANXIONG 27.0p
3. IND BAIRAGI GOVIND 39.0p
5. 前田海陽 51.0p
15. 抜井理紗 95.0p

Laser Radial 参加10艇 9R終了時
1. 土居愛実 9.0p
2. CHN ZHANG DONGSHUANG 18.0p
3. THA CHANYIM KAMOLWAN 27.0p

Laser Standard 参加16艇 9R終了時
1. KOR HA JEEMIN 14.8p
2. MAS MOHD AFENDY KHAIRULNIZAM 15.0p
3. SGP LO JUN HAN RYAN 17.0p
4. 瀬川和正 37.0p

470 Men 参加11艇 9R終了時
1. 磯崎哲也/高柳 彬 9.0p
2. CHN WANG CHAO / XU ZANGJUN 16.0p
3. KOR KIM CHANJU / KIM JIHOON 24.0p

470 Women 参加7艇 9R終了時
1. 吉田 愛/吉岡美帆 8.0p
2. CHN WEI MENXI / GAO HAIYAN 16.0p
3. MAS JAMIL NURAISYAH / MOHAMAD SAYED NORASHIKIN 27.0p

RS:X Men 参加10艇 11R終了時
1. CHN BI KUN 9.0p
2. HKG CHENG CHUN LEUNG MICHAEL 21.0p
3. KOR LEE TAEHOON 22.0p
4. 富澤 慎 29.0p

RS:X Women 参加6艇 11R終了時
1. CHN CHEN PEINA 12.0p
2. HKG CHAN HEI MAN HAYLEY VICTORIA 14.0p
3. THA KAEWDUANG NGAM SIRIPON 24.0p
5. 小嶺恵美 42.0p

49erFX 参加5艇
RS:One Men 参加8艇
RS:One Women 参加8艇
※上記種目に日本は参加していません。

Asian Games 2018 Sailing(成績等)
https://www.indonesiansailing.org/asian-games-2018

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ