【ご案内】2020年バルクヘッドマガジン・カレンダー制作を開始しました

  • 08
  • Nov

 みなさん、こんにちは。バルクヘッドマガジン編集長です。毎年、全日本学生ヨット選手権が終わると秋の深まり、冬の到来を感じます。早いもので2019年が終わるのもうすぐですね。バルクヘッドマガジンも年末恒例カレンダー制作を開始しました。(BHM編集部)


カレンダー表紙が決定しました。今年の表紙は境港で開催されたレーザー世界選手権の風下マーク回航シーンです。申込方法は追ってお知らせします。photo by Junichi Hirai

 いつも遅くて申し訳ございません。一般のカレンダーはとっくに制作を終えている時期ですが、日本のヨットレースの場合、秋が本番。そのためバルクヘッドマガジンカレンダーは、締め切りギリギリの11月末まで撮影することにしています。

 カレンダーの写真は、バルクヘッドマガジンのこだわりがぎっしり詰まっています。セーラーならドキドキする激しいシーンも多く一般向けとは言えませんが、隠れファンもいて毎年購入される方が多くいらっしゃいます。

 販売売上を目的にした商品ではないので、編集部内が作業できる量しか制作しません。編集部は普段の取材記事もそうですが「作っていて楽しい」を基本にしています。「できあがるまでの楽しさ」をみなさんと共有できたら良いな、と思います。

 撮影は終わっていませんが、ただいま100枚を超える候補写真のなかから厳選しています。カレンダーの進行は、バルクヘッドマガジンを通じて紹介していきます。2019年カレンダーの募集案内は来週あたりに発表するので、楽しみにお待ちください!


今年は密かに制作しているオリジナルグッズがあります(モザイクしすぎて何だか分かりませんね)。こちらの発表ももうすぐです。お楽しみに!

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ