【ご案内】2019年度版バルクヘッドマガジン・カレンダーの制作を開始しました

  • 15
  • Nov

 11月全日本学生ヨット選手権が終わり、バルクヘッドマガジンの取材撮影も終盤に入りました。取材と同時進行で編集部は年末恒例の作業に突入しています。本年度に撮影した写真で構成されるバルクヘッドマガジン・カレンダーの制作を開始しました。(BHM編集部)


只今2019年ヨット馬鹿向けバルクヘッドマガジン・カレンダーを制作しています。申し込み案内はのちほど。もうしばらくお待ち下さい

 毎年、ご案内が遅くなって申し訳ありません。一般的なカレンダーに比べて案内が遅くなるのは、日本のヨットレースは秋が本番のため、なるべくギリギリまで撮影して写真を選びたいからです。

 この写真カレンダーには、編集長のセーリングに対するこだわりがぎっしりと詰まっています。セーラーなら必ずヨットに乗りたくなるようなシーンを集めているので、激しい写真が多く一般向けとは言えませんが、ファンも多く、毎年購入される方が多くいらっしゃいます。

 2019年の表紙は、10月に葉山沖で開催された関東学生ヨット選手権から選びました。高いうねりのなか波をこえていくスナイプ級です。下マークを回航した直後のしんどい場面ですが、ここからの数十分を走りきった先にゴールがあります。その場面の気持ち、バルクヘッドマガジン読者の方なら、よく分かるのではないでしょうか。

 バルクヘッドマガジン・カレンダーは今回も卓上タイプです。現在進行形で制作していて、完成はクリスマス前を予定しています。申し込み方法は、後日バルクヘッドマガジンでお知らせしますので、お楽しみにお待ち下さい。

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ