〈SWIFT MAGIC〉優勝!葉山で開催、メルジェス20全日本選手権

  • 29
  • Nov

 11月22日から25日にかけて、神奈川県の葉山マリーナをベースに「Japan Melges Week 2018」(第5回全日本Melges20クラス選手権)が開催されました。今年はカナダからの参加を含め10チームがエントリー。レースが行われた3日間は最終日の午後を除き天気もよく風にも恵まれ、予定されていた全9レースのうち8レースを行うことができました。(レポート/日本メルジェス協会会長 松本浩司 テンプス6)


富士山を背にスタートするメルジェス20。今年の全日本は葉山沖で開催されました。photo by Kazushige Nakajima

 いずれのレースも風の強弱や振れの大きい難しいコンディションでしたが、1マイル強あるアップウインドレグを走っても10艇が僅差で上マークに到達する気の抜けない展開が続きました。

 マークごとに首位が変わる接戦となりましたが、毎レグ確実に順位を上げ、最後はトップグループでフィニッシュする安定した走りと手堅いレース運びで初日から首位を維持し続けた〈SWIFT MAGIC〉が、最終レースを待たずして総合優勝を決めました。

 コリンシアン(アマチュア)ディビジョンの覇者は〈Gimlet〉。今年の世界選手権にも出場してスキルアップを図った同チームは、プロ(Sailor Classificationグループ3)セーラーをクルーに乗せるチームに迫る戦いを見せました。

オン・ザ・ウォータージャッジの採用でスピーディなレースに

 今大会は審問を減らし成績をすぐに出せることを目的に、今年からMelges 20世界選手権でも採用されたアンパイア・フリートレース形式で行われましたが、大きな混乱もなくアフターレースをすぐに楽しめると好評でした。

 メルジェス20クラスはアマチュア(Sailor Classification グループ1)ドライブがクラスルールで規定されており、プロセーラーは舵を持つことができません。

 したがってオーナーがヘルムスマンを務めるケースが多く、オーナードライブで世界水準のエキサイティングなスピード感のあるレースを堪能できます。また、シンプルな艤装とハイクアウトの制限などのユニークなルールにより、愛好者の年齢層が幅広いのも特長です。

 今大会では、高校生クルーから還暦を迎えたヘルムスマンまで様々な年齢やバックグラウンドのセーラーが同じ土俵で戦っており、成績も年齢による偏りがありません。ちょっと熱いレースをしたいセーラーには最適ですので、ぜひ皆さんチャレンジしてください。

 最後になりますが、大会の実施にあたり、ホストマリーナとして多大なるご理解とご協力をいただきました葉山マリーナ様をはじめ、協賛いただきましたノースセールジャパン様、オオツボデザイン様に御礼申し上げます。

 また難しい風と水深の中、絶妙なタイミングと技術で質の高いレース運営をしていただきました神奈川県セーリング連盟の皆様、今回初めてアンパイアフリートレース形式を採用するにあたり尽力いただきましたプロテスト委員会の方々、その他、海上、陸上でご協力いただきました皆様のおかげで本大会が成功裡に終わりましたことをお伝えしたいと思います。

Japan Melges Week Facebook
https://www.facebook.com/japanmelgesweek/?ref=br_tf
日本メルジェス協会ウェブサイト
http://jpmelges.com/


メルジェス20全日本出場選手、スタッフ一同。photo by 日本メルジェス協会


Japan Melges Week 2018。映像:レイラインメディア


Japan Melges Week 2018
第5回全日本Melges20クラス選手権成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ